読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simudaru's blog

Python, Rなどのメモを残していこうと思います。  よろしくお願いいたします。

【R】ファイルの存在確認

Rでファイルの存在確認を行うには、file.access関数を使う。
存在するときに0、存在しないときに-1を返すので、
if (file.access('hoge')) {} と書くと
hogeが存在するときに{}が実行されず、
hogeが存在しないときに{}が実行されることとなり、
感覚と合わないので要注意。

if (file.access('d.train.Rdata') == 0){
  print("存在するデータを読み込み")
  load(file='d.train.Rdata')
} else {
  print("データを作成・加工")
  d.train <- CreateData()
  save(d.train, file='d.train.Rdata')
}